太陽撮影用フィルター

トップ > 製品情報 > 太陽撮影用フィルター DHG ND-100000

太陽撮影用フィルター DHG ND-100000

太陽撮影の必需品

DHG ND-100000

DHG ND-100000 パッケージ

DHG ND-100000は太陽を撮影するためにガラス基板に蒸着を施し、透過する光を10万分の1に減らす減光フィルターです。

DHG ND-100000 フィルター

DHG ND-100000は太陽を撮影するためにガラス基板に蒸着を施し、透過する光を10万分の1に減らす減光フィルターです。

SIZE : 58mm・77mm・95mm

●薄枠設計 ●低反射デジタルコーティング ●サテン仕上げ ●ローレット加工 ●レンズ外周墨入れ加工 ●レンズキャップ・フード取付可 ●デジタル/フィルム使用可 ●日本製
写真:太陽撮影
写真 写真:金環日食撮影 写真:部分日食撮影
写真:太陽撮影 写真:金環日食撮影 写真:部分日食撮影 写真

日食の種類

地球から月と太陽はほぼ同じ大きさに見えます。しかし月と地球の距離は一定ではなく、
その変化と月と太陽の重なりぐあいにより、日食には3つの種類があります。

  • 皆既日食

    月が地球に近い時に日食が起きると皆既日食となります。
    月が太陽を隠してしまう状態です。

  • 金環日食

    月が地球から遠い時に日食が起きると金環日食となります。
    月のほうがひと回り小さく見え、太陽がリング状に観察できます。

  • 部分日食

    月と太陽がきれいに重ならず太陽を部分的に隠してしまう状態。
    皆既日食・金環日食帯を外れるエリアでは部分日食を見ることができます。

太陽(日食)撮影方法

Step1 ご使用レンズのフィルター径をご確認下さい。 Step2 58mm・77mm・95mm以外のレンズはどうするの? Step3 フィルターを装着しましょう! Step4 「ISO」「絞り」を合わせましょう Step5 太陽にピントを合わせましょう! Step6 三脚を使用しましょう。

DHG ND-100000ご使用に際して:

  • 太陽の撮影を行う際は、光学ファインダー式のカメラではファインダーではなくライブビューでピント調整をしていただく事を推奨します。
  • 本製品はカメラ用フィルターです。目に悪影響を与える恐れがありますので、本フィルターで太陽の観察(日食含む)は行わないで下さい。
  • 雨の日や曇天時にはND-100000は濃度の濃いフィルターのため、ご使用になれません。
  口径
(mm)
58 77 95
DHG ND-100000 価格 9,029 14,743 オープン価格
JAN 075091 075138 075695

JANマルミ企業コード:4957638の後に該当コードをお付け下さい。

▶ 横にスクロールします

Global 中文
総合カタログ お問い合わせ